スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

函館とは無縁のイカール星人

花粉症かと思いきや、
コウムインアレルギーだったみたい・・・


桜を楽しんだり、気分良く過ごしていた期末だったのに、
先週、プチッと怒り心頭!
おまけに、今週末は花冷え!!

詳細は書けないけど、アレルギーが顕著になったのは
かねてより良く思っていない組織の、ある人の対応が、トドメ

私の大切な友人達も、そういう身分の人がいて、
いつも真面目に真摯に仕事してる人が大半だと思うし、
そういう組織に限らずとも、どんな職業であろうとも、
いろんな人がいることは、承知しているつもり。

ただ、接する機会が多いだけに、
粗が目立って、嫌悪感をもってしまう。

私がこう思うのと同じくらい、
相手からも同じことを思われているかもしれないし、
お互い様でしょうけれど・・・。

法律や規則で縛られながらの事務処理をしているのだって、
仕方のないことだとは思う。
その点は、素直に受け入れようという気持ちは、こちらにもあるのだから、
せめて気持ちを害するような対応を、やめていただきたいと願う。
というのが、私のささやかな心の叫び。

あの人達が、世論でなんとなく批判の対象になりやすい理由は、
身分や仕事内容じゃなく、一部の横柄な職員の対応にあるんじゃないかしら。


一方で、先日、市立図書館で司書(パートのおばちゃん)に怒鳴る老人を目撃し、
あれは、単なる迷惑クレーマーにみえて、おばちゃんが可哀想でした。
その老人、お門違いのひどい発言をしていたので、
おそらく日頃から、重症アレルギーなのだろう。

ちなみに、私は、そのおばちゃんには好感をもっている。

人の怒りのツボって、人の数だけあるのだと
思い知らされる現場でした(笑)

だから、私の怒りもどこにもぶつけようがなく、
ついつい、オンラインで発散しちゃったよ〜
(過疎ブログだから大丈夫!)


人の態度にどうこう思うからには、自分のことも気をつけなくちゃだね☆
書きながら、思いました。

ぺこ様の名誉挽回(!)として付け足すと、
苦手な組織の人であろうと、いつも感じよくしてくれる人には、
自分から、素直に感謝の言葉をかけるようにしてる。

もう少し進んで、アレルギー反応でちゃう相手に対しても、
こちらから歩み寄るくらいの寛容さを手に入れたら、
きっと格好いいよね。

大人なら、そのくらい朝飯前なのかな?
修行が足りないぺこ殿は、それも、30代の課題に組み入れます。


実はね、母校の校訓が「自律博愛」だった。
ティーンの小娘が、よく卒業できたよなと思うよ(笑)


日々  c.0  t.0

スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする








   

  1. 無料アクセス解析